本文へスキップ

エス.エム.エフは人の生きがいである趣味を更に充実したものにいたします。

電話でのお問い合わせは090-1841-0104

メールでのお問い合わせはこちら

名古屋鉄道を模型で表現MEITETSU

鉄コレ 近畿日本鉄道1201系(ワンマンタイプ)をグレードアップ

商品イメージ1

名鉄電車は特別車両と普通車両をミックスした面白い編成が組まれています。中部国際空港(セントレア)まで直通のミュースカイも斬新なデザインで人気があります。

プラットホーム・駅舎を表現する

商品イメージ3 商品イメージ3商品イメージ3

名鉄駅名標ステッカー

JR東海の東海道本線との並走区間で高速で競い合う姿が人気の私鉄です。そんな名鉄線をNゲージで表現しましょう。車両は持っていても鉄道メーカーのストラクチャーでは持っている車両と相違した雰囲気になってしまいます。駅の雰囲気を名鉄線風に表現するのに最適なステッカーです。

【内容】
発車標(電光掲示板) 番線表
支柱用駅名標(諸井駅 荏原公園駅 称名寺駅 新山手駅 高見ヶ丘駅 町中駅 山中駅)
駅名標(諸井駅 荏原公園駅 称名寺駅 新山手駅 高見ヶ丘駅 町中駅 山中駅)
名鉄線風のポスター
番線標
発車標(電光掲示板)

※お持ちのプラットホームサイズに適用したものをお送りします。プラットホームメーカーを選択してください。
※駅名指定をする場合は下記情報を配送備考欄(通信欄)へ入力ください。
 駅名7駅まで(漢字・カナ) 隣表記駅名14駅まで(漢字・カナ/漢字・カナ)
※商品と一緒に振込案内を送ります。安心の商品着後の後払いです。
※掲載の画像は転載・複写での利用防止のため、解像度を五分の一に落としています。

入手はこちら

発車標(電光掲示板)を作ろう

商品イメージ4商品イメージ4

名鉄の発車標も番線標と色が統一され、青色になりました。JR九州と似ています。





駅名標を作ろう

商品イメージ4商品イメージ4商品イメージ4商品イメージ4商品イメージ4

名鉄は車両が赤色なので駅名標のストライプはカラフルです。ブルーグリーン・レッド・ブルーの3色で構成されちます。私鉄の中でもお洒落なデザインです。


表現したい情景

商品イメージ4商品イメージ4商品イメージ4商品イメージ4

ジオラマを製作する時ですが、名鉄は比較的地上区間が多いですが、やはり特徴はJRとの競合路線と言われているだけに、JR東海道線との並走区間を表現すると列車同士の競争も出来て面白い運転が出来ると思います。名鉄電車といえば中部国際空港への直通列車が売りです。JRとの競合路線でもありますので、名鉄の利用を促す広告が雰囲気を増すのではないでしょうか。

実車説明(Wikipediaより抜粋)

路線網配置

名鉄の路線網の特徴は、名古屋を中心に岐阜・犬山・常滑・豊橋方面の四方に支線が広がっていることである。支線から名古屋市内へ直通する列車の多くは名古屋市内を通過した後に反対側の支線に入るという運行形態をとり、中核駅(ターミナル)の名鉄名古屋始発・終着となる列車は東西直通運転を始めた1948年以降、伝統的に多くは設定されていない。営業運転上は同駅止まりであっても、同駅で折り返しを行う列車は皆無であり、回送を含めたダイヤ上ではすべての列車が進行方向を変えずに運行している。この運行形態は、名鉄名古屋駅を通過する乗客には乗り換える必要がなく、3面2線の駅構造で最大限の列車本数を設定できるメリットがある反面、行先が多方面に亘ってダイヤが複雑化したり、各支線の列車が集まる金山 - 枇杷島分岐点間は複線のままであるため、日中時間帯も過密ダイヤとなる等の短所も抱える。また、ある路線が事故などでダイヤが乱れると間を置かずに他の路線へも波及したり、運転を見合わせる区間が広範囲に及ぶ弊害もある。

1990年に行った神宮前 - 金山間の複々線化により、名古屋市内の第2ターミナルとして金山駅を整備し、当駅止まりで名鉄名古屋へ向かわない列車も徐々に増加している。また、近年では全体的な乗客の減少(他の輸送手段への転移)が影響して、名古屋本線から支線へ直通する列車は最盛期に比べると減少しており、特に名鉄名古屋以西の輸送力に過剰感が出ているため、同駅以東へ向かう始発・終着列車が増加する傾向にある。なお、瀬戸線は名鉄他線とは接続がない孤立路線であり他線とは性格が異なっている。

名鉄では、旅客案内上「方面」名称を多用する。これは名鉄名古屋駅を中心として広がる路線網の展開する地域ごとに区分けしたもので、警察や軍隊における「方面」(方面本部、方面隊など)に似た概念である。2015年3月現在は公式サイトでは13方面が設定されている。このほか「羽島方面」が長らく記載されてきた。これは前述の通り路線にかかわらず名鉄名古屋駅を直通する運転形態を重視している事情による。2000年代中頃までの路線図には路線名ではなく方面名称が記されていたほどであり、沿線住民にも浸透している。名鉄の鉄道路線図は名古屋本線を除きこの方面ごとに色分けがなされてきた伝統があり、現在の名古屋本線以外の路線色(ラインカラー)は概ね方面の色に由来する。ただし、地下鉄上飯田線直通開始後の小牧線は独自色となっている。こうした案内手法を採る日本の鉄道事業者は少なく、西日本旅客鉄道の路線記号制(2014年 - )京王電鉄の「ゾーンカラー」がやや似ている程度で後者は短期間で廃れた。なお、現在の路線図は路線名記載となり、名鉄名古屋駅も路線名を一部併記するようになるなど「方面」の使用は減少傾向にある。

列車種別

2008年12月27日のダイヤ改正より7種類の列車種別が存在している。「ミュースカイ」は全車が「特別車」で運転され、「快速特急」・「特急」には「特別車」と「一般車」が併結されている。「快速急行」以下の各種別は「一般車」のみで運転される。これらの詳細については「名鉄特急」を参照。1990年から2005年までの間、瀬戸線を除く各線は「特急」・「急行」・「普通」の3種別で運行されていた。一定の法則性は確保していたものの、同じ種別でも必要に応じて特別停車や特別通過、種別変更を行って細かな違いに対応していた。特別停車の回数はダイヤ改正毎に増加しており、整理する必要が生じてきていた。

そこで中部国際空港の開業を機に、従来の特急・急行を停車駅によって細分化(「快速特急」と「特急」、「快速急行」・「急行」・「準急」へ種別を分割)して、一部の例外をのぞき各種別の停車駅を明確化した。これに伴い、各駅の時刻表(駅配布版を含む)の表記方法も一新した。

ミュースカイ(全車特別車)
中部国際空港アクセスの最速達列車で、2008年12月27日のダイヤ改正で新設された種別。改正前は「快速特急」と名乗っていた。全車両特別車の2000系を使用する列車に命名され、神宮前 - 中部国際空港間をノンストップ運行(早朝の一部をのぞく)している。神宮前以西(以北)では特急停車駅のうち、新木曽川・笠松・柏森を通過する。「特急」との所要時間の差は常滑線空港線系統で7 - 8分となっている。白背景に赤文字でミュースカイと表示される。英語表記は「μSKY Limited Express」で、「μSKY Ltd. Exp.」と略される。
快速特別急行(快速特急)(一部特別車)
2005年1月29日のダイヤ改正で再設定された種別だが、改正前の特急のうち新安城・国府に特別停車しなかった特急を別種別として格上げしたものである。名古屋本線西部・犬山線などでは「特急」と同じ停車駅で、「特急」との所要時分の差は本線系統で3 - 4分。2008年のダイヤ改正以降は(特急をふくめ)停車駅を増やす傾向にあり、速達性よりもフリークエントサービスに重点を置いている。白背景に赤文字で快速特急と表示され、「快特」と略される。英語表記は「Rapid Limited Express」で、「Rapid Ltd. Exp.」と略される。
特別急行(特急)(一部特別車・全車一般車)
沿線市町の中でも特に利用者が多い駅や、支線の分岐駅・普通との接続駅などに停車駅を絞った列車。名古屋本線では新安城・国府にも停車し、常滑線では太田川や常滑など5駅に停車する。快速特急同様、一部特別車が基本であるが、一部は全車一般車で運転されている。赤背景に白文字で特急と表示される。英語表記は「Limited Express」で、「Ltd. Exp.」と略される。
快速急行(以下、全車一般車)
2005年1月29日のダイヤ改正で再設定された種別だが、改正前の急行のうち標準停車駅のみに停車していた急行を別種別として格上げしたものである。2008年12月のダイヤ改正以前は多数運行されていたが、同改正後は早朝・深夜の中部国際空港発着列車と平日朝ラッシュ時のみの運行。白背景に青文字で快速急行と表示され、「快急」と略される。英語表記は「Rapid Express」。
急行
沿線の中核駅などに停車する列車。快速急行よりも名古屋本線では1駅(栄生)、常滑線では5駅(大江・寺本・古見・大野町・りんくう常滑)多く停車。その他の線区では快速急行と同じ停車駅に停車。なお、瀬戸線では急行が最優等種別である。青背景に白文字で急行と表示される。英語表記は「Express」。
準急行(準急)
普通のみでは停車本数が不足する駅などに停車する列車。急行の停車駅よりも、名古屋本線では7駅(藤川・男川・矢作橋・豊明・中京競馬場前・有松・二ツ杁・大里)、瀬戸線では2駅(印場・旭前)、犬山線では3駅(石仏・木津用水・犬山口)、常滑線では2駅(大同町・聚楽園)、西尾線では1駅(南桜井)多く停車。豊川線、空港線、河和線、津島線尾西線は急行と同じ停車駅である。緑背景に白文字で準急と表示される。英語表記は「Semi Express」[注釈 19]
普通
全駅に停車する列車。名鉄では「各駅停車(各停)」の語を種別名としては用いない。かつては椋岡駅学校前駅(共に廃駅)など一部の駅を通過する普通列車が設定されていたが、同駅が廃止された2006年12月以降はない。全線で設定されているが豊橋駅からの発着はない。黒背景に白文字で普通と表示される。英語表記は「Local」。なお、1977年より1990年まで、それ以前の追加料金が不要の「特急」を「高速」へ、「座席指定券」が必要な「座席特急」を「特急」へ種別呼称を改めて運行していたが、「特急」(指定席)と「高速」(一般席)を併結した形の「一部指定席(現・特別車)特急」へ変更したことで、再び「特急」に統合された。また、同様に1990年までは「準急」の種別も存在しており(現在と停車駅が若干異なる)、これに関しては「急行」の特別停車駅を増やして統合している(2005年の種別増加とは逆の流れとみなせる)。また、一つの列車が途中駅で種別を変更するダイヤも日常的に用いられている。過去には「特急」(座席指定)から「急行」・「普通」などへ種別変更を行う場合も見られたが、現在では「快速急行」以下の種別相互で行われている。


この作業について

備考 自己責任にてお願いします。


サイト運営

エス.エム.エフ