本文へスキップ

エス.エム.エフは人の生きがいである趣味を更に充実したものにいたします。

JR九州の路線を模型で表現する

885系 (2次車) 「アラウンド・ザ・九州」

商品イメージ3●実車は平成13年(2001)に登場した「ソニック」用の885系の増備車で、ブルーのラインと1次車とはデザインが変更された前照灯が特徴です。
●登場時は5両編成でしたが平成15年(2003)に1両増結して6両編成になり、平成22年(2010)からは「ソニック」のロゴから「AROUND THE KYUSHU」ロゴに変更されて、「ソニック」や「かもめ」として活躍しています。

●既に発売されている883系「ソニック」や885系1次車の「アラウンド・ザ・九州」等と合わせてJR九州ならではの華やかな在来線特急車両群を楽しむことができます。

【編成例】
←博多・大分 885系 「ソニック」  小倉→
※「ソニック」は小倉駅で方向転換を行います。
←長崎     885系 「かもめ」   博多→
(1) クロハ884-9+(2) モハ885-202(M)+(3) サハ885-302+(4) サハ885-9+(5) モハ885-9+(6) クモハ885-9

キハ185系・九州横断特急

商品イメージ3

【実車】
●昭和61年、国鉄が四国のキハ181系置き換え用に製造した特急用ディーゼル車がキハ185系です。
●車体は ステンレス製とし軽量化されています。
●平成元年に20両のキハ185系がJR四国からJR九州に譲渡され、塗装 変更が行われ特急「ゆふ」・「あそ」に使用されました。別府−熊本−人吉間の特急「九州横断特急」に使用 されるキハ185系は霧への対策にライトが増設されています。
【編成図】
キハ185-2(M)+キハ185-1008

JR九州 817系0番台 (佐世保車) 

商品イメージ3

●JR九州817系は、2001年に北九州地区に導入された20m3扉の近郊型車両で、その後使用線区にあわせたバリエーション展開により九州全域で活躍しています。
●0番台・1000番台・1100番台はアルミヘアライン仕様の転換クロスシート車、2000番代・3000番台はアルミ車体に白色塗装を施したロングシート車で、2〜3両で1ユニットとして編成され、他形式(813・815系等)との併結や数ユニットの併結による長編成での運用も可能な車両で、各地域都市圏の混雑緩和に貢献しています。
【編成図】
←鳥栖・佐世保  荒木・早岐・長崎→
●No.30596
クモハ817-20MP + クハ816-20
●No.30597
クモハ817-21P + クハ816-21

JR ディーゼルカー キハ45形 (九州色) 

商品イメージ3

【実車ガイド】
●キハ45形は1966(昭和41)年に登場した、一般形ディーゼルカーです。同形は車体長が急行形に準じた長さで、前面もキハ58形のパノラミックウインドータイプに準じながらも、車体幅は2800mmのたm裾の絞りはなく、側面には両開きドアが2カ所設置されると共に、室内もセミクロスシート配置となっています。走行機器は基本的にキハ35形などと同様で、DMH17H形エンジンを1基搭載していました。国鉄時代末期より、九州地区の各ディーゼルカーはクリーム色をベースに青帯を配した「九州色」に順次変更されており、JR九州へ引き継がれた同形にも、この「九州色」が採用されて活躍しました。製品は、九州色となった片運転台型のキハ45形をプロトタイプとして、同形を再現したモデルとなっています。
【編成例】
●1989年頃
キハ45(M) + キハ45


いすゞガーラ JR九州バス 「RED LINER」

商品イメージ3

●九州各地で活躍中の観光バス
●社番:1080

●「ポポンデッタ」ダイキャストバスシリーズの第3弾は「いすゞガーラ」をカラフルにラインナップ。
●是非コレクションに加えてください!!
●ダイキャスト製
●1台入り

●JR九州バス株式会社商品化許諾済
●いすゞ自動車株式会社商品化許諾済 
●パッケージサイズ/重さ : 11.4 x 5.8 x 4.2 cm / 62g


JR九州をストラクチャーで表現

JR九州の電光掲示板や自動改札機の自作パーツのご紹介です。

プラットホーム表示機を作ろう

商品イメージ4商品イメージ4

駅舎パーツを表現する

商品イメージ4商品イメージ4
山手線を模型で表現するには様々な路線との並走区間がほとんどなので、色々な車両との組み合わせをしても不自然ではありません。

この作業について

備考 自己責任にてお願いします。


サイト運営

エス.エム.エフ